フコイダン療法

血管近年、画期的な健康補助食品として、一部の海藻から抽出することのできるフコイダンが大きな注目を集めています。現段階では、まだまだ計り知れない効能を持っているのではないかと言われているフコイダンは、研究が進むにつれ、いくつかの健康効果があることが分かってきました。その一つに、アポトーシス作用というものがあり、細胞を正しい状態に戻す作用があるとされています。アポトーシスは、異常に増え続ける細胞を正常に戻すことで、がん治療などに役立つのではないかと期待されています。

二つ目の作用は、免疫力強化作用で、文字通り免疫力を高めることに効果がありますので、ウイルスや細菌など外敵に対して、攻撃力を強める作用があるとされています
三つ目の作用は、血管新生抑制作用というもので、これはがん細胞が増え続ける原因の一つに、がん細胞が自ら血管を作り、その血管から栄養を吸収しつつ、細胞分裂を繰り返しています

血管新生抑制作用は、こうしたがん細胞による新たな血管作りを抑制し、栄養を与えないことで死滅に持ち込むという作用です。現在がんは、初期段階であれば、ほとんど治すことが可能とされていますが、フコイダン療法によって病気の撲滅が期待されています。